赤髯バルバロス(読み)あかひげばるばろす

世界大百科事典内の赤髯バルバロスの言及

【海賊】より

…北アフリカでは,モロッコ,アルジェ,チュニス,トリポリなどがイスラム系海賊の本拠地で,スペインやイギリスの海上勢力とつねに衝突を繰り返していた。オスマン・トルコの名提督で〈赤髯(あかひげ)バルバロス〉と呼ばれたハイレッディンKhaireddin(?‐1546)も,もとは,その兄とともに地中海を横行した海賊で,チュニスのスルタンに仕え,のちにアルジェを攻略してその支配者となり,やがてセリム1世に帰順したものであった。【前嶋 信次】
[中国]
 中国の海賊活動も初めは小範囲で小規模の活動にとどまった。…

※「赤髯バルバロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android