コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起工式 きこうしき

世界大百科事典内の起工式の言及

【造船】より

… 完成したブロックはドックまたは船台上にクレーンで積み上げられ,このブロックどうしをさらに溶接で接続して船の形に組み立てていく。完成したブロックを初めて搭載する作業を起工といい,このときふつう起工式が行われる。 このように,船体を適当な大きさのいくつかのブロックに区分し,各ブロックをつくってからこれを順次積み上げて船体をつくっていく方法をブロック建造法といい,現在の大型船はすべてこの方法で建造されている。…

※「起工式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

起工式の関連キーワード広島駅南口Cブロック市街地再開発事業盛岡南新都市土地区画整理事業朝鮮半島エネルギー開発機構つくばエクスプレスパナマ運河拡張計画鹿島臨海工業地域ニーチェ(年譜)津地鎮祭違憲訴訟コーナーストーンリニア中央新幹線シベリア鉄道青函トンネル津地鎮祭訴訟パナマ(国)檜垣 直右スエズ運河秋田(県)四国地方大津事件西那須野

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

起工式の関連情報