コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越前守 えちぜんのかみ

世界大百科事典内の越前守の言及

【大岡忠相】より

…すなわち1700年に養父の遺跡1920石を継ぎ,02年書院番,04年(宝永1)徒頭,07年使番,08年目付を経て12年(正徳2)山田奉行となり,従五位下能登守となる。16年(享保1)普請奉行に転じ,17年2月3日町奉行に昇進,越前守と改める。22年関東地方御用掛を命じられ,45年(延享2)までこの職を兼務する。…

※「越前守」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

越前守の関連キーワード掻き絶ゆ・搔き絶ゆ津田助広(2代)いろは四十八組扇音々大岡政談助広(2代)佐伯美濃麻呂大伴駿河麻呂矢車剣之助戸田 忠恕北小路俊直三方一両損大岡政談物藤原辛加知土佐長章水野忠邦土佐長隆長田兼持北条時広木鼠長吉和泉式部

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越前守の関連情報