コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越語 えつご

世界大百科事典内の越語の言及

【ベトナム語】より

…ベトナムの南北の両デルタ地帯と中部の東部海岸平野地帯を主たる分布地域とするベトナム人の言語。旧称は安南語Annamese。また〈越日辞典〉などのように略して越(えつ)(語)ともいう。北部・中部・南部の3方言に大別されるが,ベトナム人の南進の歴史が比較的新しいので方言的差異はそれほど大きくない。声調は北の6声調の別が,南では5声調になっており,また音節末の子音の別(北部方言で‐m,‐n,‐ɲ,‐;‐p,‐t,‐c,‐k;‐w,‐j,‐ゼロ)も南ではその数が少なくなっているが,頭子音については南部方言の方が古い区別をよく保っている。…

※「越語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

越語の関連キーワード主辱めらるれば臣死す君辱めらるれば臣死す兵は凶器なりベトナム語国語

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越語の関連情報