コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足柄道 あしがらどう

世界大百科事典内の足柄道の言及

【箱根[町]】より

…その道筋は駿河横走(よこばしり)駅(現,静岡県駿東郡小山町竹之下あるいは御殿場市六日市場付近か)から足柄峠を越えて相模坂本駅(現,南足柄市関本)に通じていた。なお,この足柄道のほかに,駿河から乙女峠を越え,仙石原を経て碓氷(うすい)峠を越え,明星ヶ岳と明神ヶ岳の外輪山を通過して坂本に至る道があったとみる説もある。足柄道は《万葉集》はじめその記述が多くみられる。…

【道】より

…1888年出版の2万分の1地形図矢倉沢村を見ると,当時の〈従小田原駅至甲府道〉をそれて〈地蔵〉〈倉〉地籍を通る小道がある。この道の西北,県境に近く739.4mのところに足柄峠があり,この道を足柄道と呼んでいる。この道は倉近くから尾根通りを通って,駿河国駿東郡竹之下村に向かっている。…

※「足柄道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

足柄道の関連キーワード神奈川県南足柄市東海道足柄峠関本箱根

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android