足関節(読み)そくかんせつ

世界大百科事典内の足関節の言及

【足∥肢】より

…これらはみな小さい筋で,いずれも足指についてその運動を行う。
[足関節foot joint]
 距腿関節(足関節とも呼ばれる)は,距骨と下腿の骨,すなわち脛骨と腓骨との間にある関節で,内外のくるぶしではさまれている。多数のじょうぶな靱帯が骨の結合を強めるとともに,運動範囲を制約している。…

【関節】より

…膝蓋骨は,ひざの屈伸のときに骨と筋肉との間に生ずる摩擦を軽減する。
[距腿関節ankle joint]
 足関節ともいう。脛骨下端および腓骨下端がつくる関節窩に,距骨が関節頭として適合している。…

※「足関節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報