軟弱粘土地盤(読み)なんじゃくねんどじばん

世界大百科事典内の軟弱粘土地盤の言及

【地盤改良】より


[改良を必要とする地盤とその工法]
 今日の地盤改良工事の対象となっている典型的な地盤条件は,次の二つに大別することができる。すなわち,一つは水を多く含んだ軟弱粘土地盤の場合であり,もう一つは新潟地震のときに見られたように,地震時に,クイックサンド状態となる緩い砂地盤の場合である。 軟弱粘土地盤の改良のために用いられる方法は,置換え工法や良質土や砂れきを押し込んで,良好な土と置き換える押出し工法,粘土層に砂の杭や各種の帯状排水材を鉛直に多数本打ち込み,盛土荷重を載せたり真空ポンプによる減圧を排水系統に加えることにより,粘土層を早期に圧密脱水させて地盤強度を高める工法(一般にバーチカルドレーン工法ともいい,用いる鉛直排水材により,サンドドレーン工法,ペーパードレーン工法などとも呼ばれる),砂を柱状に多数本押し込んで支持力がより大きい複合地盤を作るサンドコンパクションパイル工法,粘土層の中に直流電流を流すと粘土層中の水分が陰極に集まるのを利用して脱水強化する電気浸透工法,多数のボーリング孔を利用して地盤中に燃焼熱を通して地盤を強化する焼結工法,生石灰を杭状に打ち込んで粘土中の水を吸収させ,粘土の脱水に役だたせるとともに柱状の石灰支持体を作る生石灰パイル工法,生石灰,または粉粒状態あるいはペースト状態のセメントを現地の粘土層中で混ぜて多数の強度の高い柱状体,または壁体を地盤中に作る深層混合処理工法などがある。…

※「軟弱粘土地盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android