軟窒化法(読み)なんちっかほう

世界大百科事典内の軟窒化法の言及

【窒化】より

…また,硬さの上昇を主目的とせず,疲れ強さ,耐食性などの性質の改善を目的として,シアン化物によらずに窒素を固溶させて硬化することを狙った方法がある。これは軟窒化法といわれ,西ドイツで開発されたタフトライド法などがある。 最近では,シアンなどの廃水公害問題があるため,浸炭性ガスとアンモニアガスの混合雰囲気中で処理するガス軟窒化法が多く行われている。…

※「軟窒化法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android