転換率(読み)てんかんりつ

世界大百科事典内の転換率の言及

【原子炉】より

…これらの原子核は中性子を捕獲すると 238U+n―→239U+γ 239U―→239Np+β(半減期23.5分) 239Np―→239Pu+β(半減期2.35日) 232Th+n―→233Th+γ 233Th―→233Pa+β(半減期22.2分) 233Pa―→233U+β(半減期27日)と2度のβ崩壊を経て核分裂性物質である239Puや233Uに変化する(ここでnは中性子,γはγ線,βはβ線)。この現象を転換といい,核分裂性原子1個が核分裂する間に生成する核分裂性原子の数を転換率という。転換率が1より大きいときには原子炉の運転にしたがい炉心で核分裂性物質の量が増えていくので,転換率といわず増殖率という。…

※「転換率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報