轟の瀬(読み)とどろきのせ

世界大百科事典内の轟の瀬の言及

【宮之城[町]】より

…昭和30年代以降過疎化が進んだが,農業の振興,工場誘致などによって北薩摩の中心都市に発展しつつある。宮之城島津家累代の墓所がある宗功寺や近世に舟路として開削された轟の瀬,宮之城温泉(単純硫黄泉,48~51℃)などがある。【吉成 直樹】。…

※「轟の瀬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android