農作業体系(読み)のうさぎょうたいけい

世界大百科事典内の農作業体系の言及

【農作業】より

…作業に関係の深い費目には,労働費,農機具費があり,そのほかにも資材費(種苗,肥料,農薬などの諸資材),水利費,建物費(倉庫,車庫など)が作業方式の違いによって変わってくる。
[農作業体系と農作業組織]
 農業生産では,作物や家畜の生育に合わせて,各種の農作業の工程が時系列的に配置される。農業の営まれる各地では,それぞれの社会経済的条件と気象,土地などの自然条件の特色を背景にして,全生産工程あるいは数個の工程について,普遍性のある合理的な作業方法の順列が成立するが,これを農作業体系と呼んでいる。…

※「農作業体系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報