農業生態系(読み)のうぎょうせいたいけい

世界大百科事典内の農業生態系の言及

【総合防除】より

…これらの問題を解決するために,新防除概念である総合防除が考え出された。最初B.R.バートレット(1956)は,単に殺虫剤散布と合わせた天敵の利用を考えたが,後に,P.W.ゲイアーとL.R.クラーク(1961)は,生態系の概念を取り入れ,害虫個体群の管理によって,人工的である農業生態系agro‐ecosystemを,新しい安定した農業生態系に作りかえることを目標とした。使われる防除手段には,殺虫剤,誘引・忌避剤を利用する化学的方法のほかに,耐虫性品種の選択,栽培時期の変動,輪作,耕種方法の改善,天敵の利用などの生物生態的な方法,誘蛾灯による捕殺などの物理的方法,不妊不親和性昆虫の放飼などの遺伝的方法(不妊防除),さらに動植物検疫による害虫の輸出入の禁止などがある。…

※「農業生態系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android