農民漁業(読み)のうみんぎょぎょう

世界大百科事典内の農民漁業の言及

【漁村】より

… 漁業制度改革まで明治の漁業権制度が,実質的に江戸時代の漁村構造をそのまま継承したため,近代に入ってもなお,漁村は,ムラの支配層である地主=網元(あみもと)層の勢力を温存し,また,耕地所有や共有地所有の多寡によって漁場での漁業行使も身分的に差別的に行われてきた。今日の漁村には,古代以来の海部の伝統をひくと思われる,釣りや突きなどの攻撃的漁法を得意とする〈海民漁業〉に従事するムラと,定置網や地引網など受身的漁法をもっぱら用いる〈農民漁業〉に従事するムラとが,混在して認められる。〈海民漁業〉のムラは,後背農耕地も少なく,専業漁民によって構成されるか,あるいは主漁従農の形態をとるものが多く,海に対して強い志向性を有していると考えられる。…

※「農民漁業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android