コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺境伯領 へんきょうはくりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辺境伯領
へんきょうはくりょう

マルクグラーフシャフト」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の辺境伯領の言及

【オーストリア】より

…さらにそれから100年たつと,オーストリアの地は民族移動の場となり,ゲルマン人,フン族,アバール人,マジャール人らによる角逐の場となった。500年から700年にかけてはバイエルン人がはいりこみ,8世紀末にはカール大帝が騎馬民族アバール人を破り,カロリング朝フランク王国の東の防壁として辺境伯領Markgrafschaftを設けた。880年にはマジャール人が侵入するが,955年オットー1世がレヒフェルトの戦でマジャール人を打ち破るのである。…

※「辺境伯領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辺境伯領の関連キーワードアルブレヒト[ブランデンブルク]チューリンゲン(ドイツの地名)ゴジュフウィエルコポルスキドイツ農民戦争(農民一揆)アルブレヒト3世アヒレスブランデンブルク辺境伯領ユーリヒ公国・辺境伯領アルブレヒト・アヒレスアラゴン(スペイン)バーデン(ドイツ)モラビア(チェコ)ツールーズ(伯家)ブランデンブルク州ハインリヒ(2世)チェコスロバキアチューリンゲン州ベルンハルト1世カタルニャ自治州ブランデンブルクハルデンベルク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android