コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世小歌調 きんせいこうたちょう

世界大百科事典内の近世小歌調の言及

【流行歌】より

… その実態がある程度類推しうる江戸初期のものとしては,〈弄斎節(ろうさいぶし)〉〈細り〉〈片撥(かたばち)〉などがあり,次いで〈投節(なげぶし)〉〈ぬめり〉などがあらわれるが,それらの流行には盛衰があって,その時期によってその実態に変化がある。これら江戸初期の小編はやりうたの詩型は,7・7・7・5の音数律を基準とするものが多く,これを近世小歌調などともいう。歌舞伎芝居の踊歌がはやりうた化したものもあり,また逆に巷間のはやりうたが芝居の下座唄にとり入れられることもあった。…

※「近世小歌調」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android