コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世小歌調 きんせいこうたちょう

世界大百科事典内の近世小歌調の言及

【流行歌】より

… その実態がある程度類推しうる江戸初期のものとしては,〈弄斎節(ろうさいぶし)〉〈細り〉〈片撥(かたばち)〉などがあり,次いで〈投節(なげぶし)〉〈ぬめり〉などがあらわれるが,それらの流行には盛衰があって,その時期によってその実態に変化がある。これら江戸初期の小編はやりうたの詩型は,7・7・7・5の音数律を基準とするものが多く,これを近世小歌調などともいう。歌舞伎芝居の踊歌がはやりうた化したものもあり,また逆に巷間のはやりうたが芝居の下座唄にとり入れられることもあった。…

※「近世小歌調」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone