コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世小歌調 きんせいこうたちょう

世界大百科事典内の近世小歌調の言及

【流行歌】より

… その実態がある程度類推しうる江戸初期のものとしては,〈弄斎節(ろうさいぶし)〉〈細り〉〈片撥(かたばち)〉などがあり,次いで〈投節(なげぶし)〉〈ぬめり〉などがあらわれるが,それらの流行には盛衰があって,その時期によってその実態に変化がある。これら江戸初期の小編はやりうたの詩型は,7・7・7・5の音数律を基準とするものが多く,これを近世小歌調などともいう。歌舞伎芝居の踊歌がはやりうた化したものもあり,また逆に巷間のはやりうたが芝居の下座唄にとり入れられることもあった。…

※「近世小歌調」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone