コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代フランス語 きんだいふらんすご

世界大百科事典内の近代フランス語の言及

【フランス語】より


[古フランス語]
 現存するフランス語最古の文献は,《ストラスブールの宣誓Serments de Strasbourg》(842)と呼ばれる,軍事・外交上の記録である。フランス語史の上では普通,この頃から1350年ころまでを古フランス語,その後1600年ころまでを中期フランス語,以後現代までを近代フランス語と区別する。古フランス語は二重母音,三重母音あるいは破擦音などを有し,名詞,冠詞,形容詞に格変化(主格と被制格の2格)を残すなど,現代フランス語とは相当異なる特徴を備えていた。…

※「近代フランス語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone