コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代ポルトガル語 きんだいぽるとがるご

世界大百科事典内の近代ポルトガル語の言及

【ポルトガル語】より

…この言語が,ミーニョ川以北のガリシア語と,コインブラからリスボンにかけての地域を新たな言語的中心地とする,ミーニョ川以南のポルトガル語とにはっきり分化するのは,14世紀半ばころのことである。文献登場以降のポルトガル語の歴史は,ガリシア・ポルトガル語期をその前半に含む中世(または古期)ポルトガル語(13世紀初め~16世紀半ば)と,近代ポルトガル語(16世紀半ば~現代)とに二分される。現代ポルトガル語の音韻・文法組織の基本は,中世ポルトガル語後期には既に確立したと見ることができるが,例えば中世ポルトガル語で維持されたs[ś]とç[ts](のち[s]),母音間のs[ź]とz[dz](のち[z])の区別は近代ポルトガル語では共に失われ,おのおの[s],[z]に統合されている。…

※「近代ポルトガル語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone