コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆まわりの世界

1件 の用語解説(逆まわりの世界の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

逆まわりの世界

米国の作家フィリップ・K・ディックの長編SF(1967)。原題《Counter-Clock World》。“ホバート位相”と呼ばれる時間逆流現象が発生した世界での狂気と不条理を描く。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆まわりの世界の関連キーワードフィリップKディックアルベマス怒りの神虚空の眼ザップ・ガン死の迷宮シミュラクラ未来医師ユービックヴァリス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone