透明鉱物(読み)とうめいこうぶつ

世界大百科事典内の透明鉱物の言及

【鉱物】より

…(a)透明度 通常数mmの厚さを基準に,光の通過する度合に応じ,透明,不透明,その中間を半透明と呼ぶ。またこれにより鉱物を不透明鉱物と透明鉱物に分けることがある。前者は金属元素鉱物,一部の金属硫化鉱物,酸化鉱物などであるが,それらのなかには赤外部の波長を通過させる種もある。…

※「透明鉱物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android