コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運塩河 うんえんが

世界大百科事典内の運塩河の言及

【泰州】より

…長江北岸のデルタは南岸のデルタに比べ伸長が遅れ,漢代にはこの付近はようやく陸化したばかりであった。海岸の低湿地では製塩が行われ,前漢初期,呉王劉濞(りゆうび)(前215‐前154)が開発を進め,運河を開いて灌漑も進めたという(運塩河,今の通揚運河の前身)。同時にこの地に海陵県が置かれ,一時期廃されたものの,以後元代まで存在した。…

※「運塩河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

運塩河の関連キーワード連雲港泰州淮陰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android