コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運河建設 うんがけんせつ

世界大百科事典内の運河建設の言及

【産業革命】より


【産業革命論の変遷】
 〈産業革命〉という言葉そのものは,K.マルクスやフランスのA.deトックビルらによっても用いられたが,厳密な学術用語としては,1880年代になってイギリスの社会改良家A.トインビーによって確立させられた。トインビーは,ケンブリッジで教鞭をとるかたわら,ロンドンのイースト・エンドなどのスラム改良に活躍した人物で,今もトインビー・ホールにその名をとどめている。彼にとって〈産業革命〉とは,18世紀後半,つまりジョージ3世登位以降,19世紀前半までのイギリスが,生産活動の機械化・動力化,工場制の普及,その結果としての工業都市の成立,産業資本家層と工場労働者の階層の勃興など,農村社会から資本主義的工業社会へ〈急激に〉大転換を遂げたことを意味した。…

※「運河建設」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

運河建設の関連キーワードロッジ(Henry Cabot Lodge)クレイトン=ブルワー条約ヘイ‐ポンスフォート条約ヘイ=ポンスフォート条約ヘンリー・C. ロッジイスマーイーリーヤ県アリー・ムバーラクジョン・M. ヘイビュノー=バリヤテワンテペク地峡コロン(パナマ)トリーフォノフアンファンタンチャモロ[家]平和利用核爆発ポートサイドコリント運河ルーズベルトイスマイリアロックポート

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運河建設の関連情報