コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過放牧 かほうぼく

1件 の用語解説(過放牧の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かほうぼく【過放牧】

土地の広さ・生産力に対して家畜数が多過ぎるために、採食や踏みつけによって草地の再生産を悪化させるような放牧。砂漠化の原因となる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の過放牧の言及

【国連環境計画】より

…砂漠化は広く世界的な土地劣化という枠組みのなかでとらえられているわけだが,その原因として,地球的規模での大気循環の変動によって乾燥地が移動するなどの気候的要因と,乾燥地域や半乾燥地域のもともと脆弱な生態系の中で,その再生産のサイクルの許容限度を超えた人間活動を行うという人為的要因とがあるとされる。人為的要因には,草地の再生能力を超えた家畜の放牧(過放牧),休耕期間の短縮が招く地力の低下(過耕作),薪炭材の過剰な採取などがあげられているが,この問題が深刻なのは,開発途上国の貧因と人口増加を背景に,砂漠化の影響による食糧生産基盤の悪化によってさらに過放牧,過耕作がなされ,次の砂漠化を生んでしまうという悪循環が生じかねないからである。84年と91年のUNEPの評価によれば,その間の砂漠化の状況は改善されておらず,91年現在,砂漠化の影響を受けている土地は36億ha(アジア13億ha,アフリカ10億ha),影響を受けている人口は9億人とされる。…

※「過放牧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過放牧の関連情報