道因法師碑(読み)どういんほうしひ

世界大百科事典内の道因法師碑の言及

【石碑】より

…台座石には,方趺と亀趺があり,亀趺の表現はきわめて雄渾なものとなっている。こうした一般的唐碑のほか,三重の方形蓋をのせるもの(石台孝経),碑額に仏龕を浮彫するもの(道因法師碑),碑台を須弥壇式にするもの(玄秘塔)など特殊なものがある。唐代では,身分によって墓碑の形や大きさが決められており,碑碣の文章は必ず事実を記し,みだりに飾りたててはならない,五品以上の碑は螭首・亀趺で,趺から上の高さは9尺(約2.7m)を超えてはならない,七品以上の碑は圭首・方趺で,趺から上の高さ4尺(約1.2m)を超えてはならないと決められていた(《大唐六典》)。…

※「道因法師碑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android