コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠州丹波 えんしゅうたんば

世界大百科事典内の遠州丹波の言及

【丹波焼】より

…特産物として,江戸初期に六角面取りの朝倉山椒壺があり,江戸中期にかけて赤土部製品が,江戸後期には薄手の精巧な多種類の徳利が量産された。丹波の茶陶は遠州丹波と呼ばれるように,寛永(1624‐44)以後に盛期を迎えており,古い例では《有楽亭茶湯日記》の〈丹波焼肩つき〉〈茶入手焼の丹波茄子〉があり,《遠州道具置合》には〈水滴丹波焼〉〈茶入生埜〉が見えている。【楢崎 彰一】。…

※「遠州丹波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

遠州丹波の関連キーワード丹波焼

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android