コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠心加圧鋳造法 えんしんかあつちゅうぞうほう

世界大百科事典内の遠心加圧鋳造法の言及

【遠心鋳造】より

…垂直の回転軸上に設けた湯口より放射状に湯道を出し,その先端に各種の形状の鋳型を複数個配置することにより,不規則な形状の製品を高重力のもとで一度に多数個鋳造することができる。これを〈遠心加圧鋳造法〉といい,座金,ブレーキシューなどの小物の鋳造に使われるが,1回に鋳込む製品は,鋳型を回転する場合にバランスをとる必要があるので,同一か類似の形状が望ましい。 工業的には〈真の遠心鋳造法〉の水平軸回転式が最も多く使われている。…

※「遠心加圧鋳造法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android