コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠赤外 えんせきがい

世界大百科事典内の遠赤外の言及

【赤外線】より

…1800年にイギリスのF.W.ハーシェルが,太陽スペクトルの赤色部分より長波長側に熱効果の大きい部分があることを発見したのが最初である。波長数μm以下を近赤外,波長25μm以上を遠赤外,その間を中間赤外と呼び,また,波長25μm,30μmまたは50μmを境として,それ以上を遠赤外線,以下を近赤外線と総称することもある。ただし,これらの境界は明確ではなく,ことに電子回路で発生されるコヒーレンスのよい電磁波は波長が短くてもサブミリ波などと電波用語で呼ばれる。…

※「遠赤外」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

遠赤外の関連キーワードブラケット(アメリカの物理学者 Frederick Sumner Brackett)インテリジェント ナイトビジョンプランク(ドイツの理論物理学者)遠赤外線放射セラミックススピッツァー宇宙望遠鏡甘栗むいちゃいましたスミス‐パーセル効果ハーシェル宇宙望遠鏡ハーシェル宇宙天文台水素原子のスペクトル遠赤外分光光度計自由電子レーザー電子スピン共鳴3つ星ビストロこんがり倶楽部クレイツイオン鋳物ホーロー鍋サーモグラフィレーザー加工気体レーザー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android