コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠距離逓減運賃 えんきょりていげんうんちん

世界大百科事典内の遠距離逓減運賃の言及

【運賃】より

…以上のような事情により現実の運賃決定において効力をもってきたのは,支配的に〈不当な〉人的・物的・地域的差別行為の禁止という制約を付された負担力原理の適用であり,費用原理はむしろ現実の負担力原理の実践に対する抑制効果をもってきたというべきであろう。 鉄道に関してより具体的にみれば,負担力原理の実践は,等級分類classificationと遠距離逓減運賃tapering rate systemという二つの重要な特質を与えた。各輸送対象は期待される運賃負担力の大きさにより数個の等級に分類され,同一等級に属する輸送対象は,たとえ直接的な運送費に差がある場合にも,同一の運賃率が適用される。…

※「遠距離逓減運賃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android