遺物散列地(読み)いぶつさんれつち

世界大百科事典内の遺物散列地の言及

【遺物包含層】より

…1894年,鳥居竜蔵,大野延太郎は,東京国分寺の丘の切通しで,地表下数十cmに土器,石器が包含されているのを実見し,遺跡が地上ではなく〈地下幾尺かの土中〉に存在することを初めて認識した。2人は《東京人類学会雑誌》第107号(1895)でこれを〈遺物包含層〉と名づけ,開発・耕作によってこれがこわれ,地上に散乱したものを〈遺物散列地〉(のちに遺物散布地の名で普及)とよんだ。したがって学史的には,遺物包含層は貝塚の堆積層を含まないことになる。…

※「遺物散列地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android