コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷土会 きょうどかい

世界大百科事典内の郷土会の言及

【郷土論】より

… ところが明治以来の日本では,欧米の近代化とその科学理論の普遍性に目を奪われるあまり,それらの母体に,古い地方的なもののあることが見のがされる傾向が強かった。1910年以来,新渡戸稲造柳田国男らが結成した郷土会の活躍が,この点で注目をひく。郷土会は,中央文化への偏重や近代科学の表面的な摂取を退け,郷土の実地調査をもとに生きた土着の価値を掘りあてようとする集いで,各地の調査報告を収録した雑誌《郷土研究》も発刊されるにいたった。…

※「郷土会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郷土会の関連キーワード柳田国男(やなぎたくにお)茅ヶ崎(市)真境名 安興牧口 常三郎小田内 通敏牧口常三郎柳田 国男柳田 國男柿内 青葉肴倉 弥八小早川 清伊東深水肴倉弥八大畑

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷土会の関連情報