都市防災(読み)としぼうさい

世界大百科事典内の都市防災の言及

【都市災害】より

…しかし,都市災害という言葉が社会的に広く使われはじめたのは,それほど古くない。
[天六ガス爆発事故]
 都市火災対策の言葉としては都市防火といい,都市災害対策に対しては都市防災という言葉を使っているが,都市防災という言葉の必要性が論じられ使われはじめたのは,1970年4月8日に大阪市北区天六の地下鉄工事現場で起こったガス爆発事故以来である。これは工事現場で漏れはじめた大量のガスが下水管などを通じて周辺の建物にも広がり,避難が始まったが,そこに駆けつけたガス会社のサービスカーが燃えはじめ,工事用の覆工板の下にたまっていたガスが爆発限界になったところで大爆発を起こし,覆工板の上で自動車火災を見物していた人たちを巻き込み,79人の死者と420人を超す負傷者を出し,周辺の民家も火災に巻き込んだ大惨事である。…

【防災】より

…昔は〈防〉の字を冠する場合は目的がはっきりしている場合で,防風,防火,防水,防砂,防潮などのような形で用いられていた。都市の市街地大火を防ぐという意味で都市防火という用語は古くからあったが,都市防災という言葉が使われはじめたのは1959年9月の伊勢湾台風の大災害の後であり,わりあい新しい。伊勢湾台風のような被害を減らすためには,防風,防水,防潮などいろいろな局面での対策が必要で,それらを総括して都市防災という言葉が生まれてきたようである。…

※「都市防災」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都市防災の関連情報