鄒奭(読み)すうせき

世界大百科事典内の鄒奭の言及

【鄒衍】より

…これは,のちに秦の始皇帝によって実際に採用された。彼の思想を継承展開したものに鄒奭(すうせき)がおり,燕・斉の方術の士にも大きな影響を与えた。また,天人感応の説によって,漢代の讖緯説(しんいせつ)の基礎にもなった。…

※「鄒奭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android