野村合名会社(読み)のむらごうめいかいしゃ

世界大百科事典内の野村合名会社の言及

【野村財閥】より

…それを基礎に第1次大戦期には事業の多角化を開始して,1917年従来の野村徳七商店を株式会社野村商店に改組し,翌18年大阪野村銀行(資本金1000万円)を設立(1927年に野村銀行に改称),25年にその証券部を公債・社債取引を業務とする野村証券(資本金500万円)として独立させた。この間1922年には統轄機関として野村合名会社が設立されている。さらに昭和期に入り,信託会社,生命保険会社を傘下に入れ,それぞれ野村信託,野村生命としたが,他方で危険の大きな株式売買業務(1923年野村商店を大阪屋商店に改称)を傘下から切り離していった。…

※「野村合名会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android