金まじり(読み)きんまじり

世界大百科事典内の金まじりの言及

【鎖】より

…現代では鎖は腕輪用,鼻眼鏡用,婦人羽織紐,首飾など装身雑具の付属品として用いられるが,おもな用途は時計付属品として使われ,懐中時計用のものと,腕時計用のものとがある。その材料には金,銀,白金,ホワイト・ゴールド(銅,ニッケル,亜鉛などを含む金合金)などが用いられ,金鎖の間に白金をまぜて用いたのを白金まじり,白金鎖の間に金を入れたのを金まじりという。鎖の組み方の基本的な形式には,喜平形,しめ縄形,蛇の目形,小判形,角環形,水雷形,飾付鎖,ななこ形,変り喜平形などがあり,さらにこのほかさまざまの変形が行われている。…

※「金まじり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android