コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金寿長 きんじゅちょう

世界大百科事典内の金寿長の言及

【海東歌謡】より

…朝鮮,李朝の歌謡集。1763年(英祖39),金寿長が撰集。《青丘永言》とともに時調歌辞類をまとめた歌集としては最古のもの。…

【朝鮮文学】より

…郷歌以来の朝鮮固有の歌謡形式を踏襲し短縮した〈時調〉は高麗末に形式が完成するが,李朝の代表的詩歌となった。17世紀末ころまでは学者の即興詩的な色彩が強く,作風も道徳的で観念的であるが,金天沢,金寿長らの平民作家が輩出し,写実的で諧謔的,享楽的になり,形式も短型の〈平時調〉から中・長型の〈オッ時調〉〈辞説時調〉の破格型が生まれた。歌集《青丘永言》《海東歌謡》に集大成されている。…

※「金寿長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金寿長の関連キーワード海東歌謡金天沢時調

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android