コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属鉱床 きんぞくこうしょう

世界大百科事典内の金属鉱床の言及

【鉱床】より

…地質現象によって,人類に有用な元素,鉱物,岩石などがとくに濃集したところを鉱床という。一般に,金属元素を主要な構成成分とした鉱物が生成・濃集している金属鉱床と,ハロゲンや硫黄,リンなどを多く含む鉱物や岩石が生成している非金属鉱床に二大別されるが,最近では石油,石炭にウラン鉱床のような原子力関係に利用される元素を濃集している鉱床も加えた燃料鉱床という区分けもされている。このほか特殊な建材などに利用される岩石や,大洋の海嶺で発見されている金属硫化物を主体とする未固結の沈殿物など,鉱床とよびうるものは多種多様である。…

※「金属鉱床」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金属鉱床の関連キーワードJ.H.L. フォークトブラックスモーカーカルク・アルカリ岩パイロフィライトズイリャノフスク品位キャップロックマグマ分化作用バイア・マーレエピバソリス期金属鉱化フードアルノーゲンガリウム銅鉱ボークラン石バリオグラム硫酸塩鉱物地殻存在度渡辺 武男ゲルマン鉱セムセイ鉱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android