コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金海期 きんかいき

世界大百科事典内の金海期の言及

【金海式土器】より

…金海式土器は,弥生時代後期に北部九州と大阪湾沿岸部でも出土する。金海式土器を使用した時期を金海時代とか金海期とも呼ぶ。さらに,同じような遺構や遺物を出土する熊川貝塚にちなんで熊川期と呼ぶ立場もある。…

※「金海期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android