鈍根瘂羊僧(読み)どんこんあようそう

世界大百科事典内の鈍根瘂羊僧の言及

【三階教】より

…三階とは正法,像法,末法の3段階であり,現在が第3段階の末法時代に属することをいう。この汚濁にみちた悪世では,われわれ衆生は愛憎の偏見からぬけられない破戒邪見の,救われがたい鈍根しかもたず,僧侶自身も同じく愚劣な羊のごとき存在(〈鈍根瘂羊僧(どんこんあようそう)〉とよぶ)でしかなく,そのことを僧も衆生も徹底的に自覚すべきだと主張する。 その説によれば,阿弥陀仏とか盧遮那仏(るしやなぶつ)とかの特定の仏や,《無量寿経》とか《華厳経》など特別の経典(〈別仏〉〈別法〉という)を選び出し,これに帰依することによって救われたのは,二階までの善根をもった衆生であって,三階の鈍根衆生にはもはやその資格はない。…

※「鈍根瘂羊僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android