鈴の緒(読み)スズノオ

とっさの日本語便利帳の解説

鈴の緒

神社や仏閣へ詣で、賽銭(さいせん)を投げて、垂れ下がっている布綱を振ってを鳴らし、願い事がかなえられるように祈る。この鈴を鳴らす布綱を鈴のという。参拝の時に鈴を鳴らすのは、高いところにいる神仏を呼び覚まし、長いもの(緒)に降臨を願うためである。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

デジタル大辞泉の解説

すず‐の‐お〔‐を〕【鈴の緒】

鈴に取り付けて、引いて鳴らすためのひも。鈴緒(すずお)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる