コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴の緒 スズノオ

とっさの日本語便利帳の解説

鈴の緒

神社や仏閣へ詣で、賽銭(さいせん)を投げて、垂れ下がっている布綱を振ってを鳴らし、願い事がかなえられるように祈る。この鈴を鳴らす布綱を鈴のという。参拝の時に鈴を鳴らすのは、高いところにいる神仏を呼び覚まし、長いもの(緒)に降臨を願うためである。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android