コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀スズアマルガム ぎんすずあまるがむ

世界大百科事典内の銀スズアマルガムの言及

【アマルガム】より

…【中原 勝儼】
[虫歯充てん用のアマルガム]
 歯科では,19世紀フランスで充てん用に用いられはじめたが,1918年ころになってアメリカで虫歯の充てん用に規格化され,以後今日まで利用されている。かつては銀アマルガムと銅アマルガムが用いられてきたが,現在は銀とスズとの合金の粉を水銀で練り,虫歯で生じた欠損部に充てんして歯の中で固まらせる銀スズアマルガムが多く用いられている。銀スズアマルガムは,硬化時にわずかに膨張するので,欠損部の封鎖性に優れる。…

※「銀スズアマルガム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銀スズアマルガムの関連キーワード歯科治療

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android