錦小路殿(読み)にしきこうじどの

世界大百科事典内の錦小路殿の言及

【上杉清子】より

…足利貞氏の室となり,尊氏,直義を生む。尊氏の開幕後,将軍の母として重んじられ,従三位となり,錦小路殿と呼ばれる。《風雅集》にその和歌がある。…

※「錦小路殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android