鏜鑼(読み)どうら

世界大百科事典内の鏜鑼の言及

【鑼】より

… 小鑼は,大鑼に比べ形も小さく,打った後に音高が上がる効果を得る。鏜鑼ともいう。京劇用のものを京小鑼,十番鑼鼓の小鑼を馬鑼,また地方により喜鑼,内鑼などの呼称も行われている。…

※「鏜鑼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android