鏜鑼(読み)どうら

世界大百科事典内の鏜鑼の言及

【鑼】より

… 小鑼は,大鑼に比べ形も小さく,打った後に音高が上がる効果を得る。鏜鑼ともいう。京劇用のものを京小鑼,十番鑼鼓の小鑼を馬鑼,また地方により喜鑼,内鑼などの呼称も行われている。…

※「鏜鑼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android