鐘紡[株](読み)かねぼう

  • 鐘紡

世界大百科事典 第2版の解説

名門繊維メーカーで,繊維をに化粧品,医薬品,食品,住宅など多角経営を推進している。1887年に前身である東京綿商社(綿花の定期取引を目的として1886年創立)が隅田川河畔の鐘ヶ淵に紡績工場の建設に着手したのが設立の端緒である。社名は東京綿商社から88年有限責任鐘淵紡績会社,89年鐘淵紡績(株)となった。当初は不振であったが,旧三井財閥の支援や,中上川彦次郎,武藤山治,津田信吾ら歴代経営者の手腕で発展,この間,日清戦争後の恐慌契機に多くの紡績会社・工場を合併・買収し,十大紡中でも最大にまで成長した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android