長板葺き(読み)ながいたぶき

世界大百科事典内の長板葺きの言及

【板葺き】より

…屋根を木材の板で葺くことをいい,日本建築では板の寸法,形状,葺き方によって,柿(こけら)葺き,木賊(とくさ)葺き,栩(とち)葺き,長板葺き,木瓦葺き,石置き板葺きなどがある。柿葺きは木羽(こば)葺きともいい,長さ30cm前後,厚さ3mm前後のサワラやスギの手割り板を竹釘を使って細かく(3cm前後の葺き足)葺くもので,板葺きの中では最も高級で品が良い。…

【屋根】より

…栃葺きはこけら葺きより厚い板を粗く葺いたもので,地方の社寺に見られる。長板葺きは長板を縦に葺いたもので,薄い板を屋根面のたるみに合わせて曲げて葺く場合と,厚い板を2段,3段に葺く場合とがある。石置板葺き(図3-e)は長さ90cm前後の板を縦に並べて桟でおさえ,石を置いて止めるもので,こう配の緩い切妻屋根に用いられる。…

※「長板葺き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android