コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開中 かいちゅう

世界大百科事典内の開中の言及

【塩法】より

…とくに宋と明では北方の異民族防衛のため辺境に多数の軍隊が常駐したが,その糧秣を供給する代価として商人に塩の販売手形が支給された。宋では入中または折中,明では開中と呼ばれる。明代の開中法は,糧秣を辺境に納入した商人に倉鈔と呼ばれる手形を発行し,商人はそれを産塩地の官署に持参して,塩引と交換して塩の支給を受けた。…

※「開中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

開中の関連キーワード隅田八幡人物画像鏡ゼロ・グラビティ隅田八幡画像鏡開中費直穢人父き・父君はしたない取り出だす宣旨書き宿直装束新安商人山西商人差し分く生み広ぐこよない取り所片仮名見える道惑ひ久しい僻読み

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開中の関連情報