コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開城商人 かいじょうしょうにん

世界大百科事典内の開城商人の言及

【開城】より

… 王城の面目は消失したが,李朝時代の開城は商業の町として発展をとげた。その担い手は開城商人または松都商人と呼ばれたが,彼らの多くは李王朝に迫害された旧王朝の遺臣であり,李朝の階級構造の中で最も卑しまれた商業に生計の道を求めたといわれる。開城商人は固有の信用機構を持ち,また今日の複式簿記に似た開城簿記を考案するなど商術に優れ,全国に行商活動を展開した。…

※「開城商人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

開城商人の関連キーワード開城

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android