コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開宝寺 かいほうじ

世界大百科事典内の開宝寺の言及

【開封】より

…隴海鉄道開通以後は,若干の近代工業も起こり,河南省北部の農産物の集散地となったが,中華人民共和国に入って省都が西の鄭州にうつされ,現在では,学術・文化都市としての性格を強めている。宋代の遺跡は大半は滅びたが,城外北東の高さ55mの13層八角の開宝寺(現,祐国寺)の磚塔(鉄塔)や,宋の宮城あとと伝える竜台,相国寺などが残っている。また宋代開封の運河,汴河を中心に町のありさまを描いた絵として張択端の《清明上河図》(北京故宮博物院)が名高い。…

※「開宝寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone