コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接接続 かんせつせつぞく

世界大百科事典内の間接接続の言及

【解析接続】より

…任意のDに対しこのようなfはつねに存在することが知られている。 上述の解析接続を直接接続ともいい,それを2回以上行うことを間接接続と呼ぶ。例えば,k=1,2,……,nに対して領域Dkで定義された正則関数fkがあり,fk+1fkDk+1への解析接続となっているとき,これを解析接続の鎖といい,fnf1のこの鎖による間接接続という。…

※「間接接続」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間接接続の関連情報