コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接証券 かんせつしょうけん

1件 の用語解説(間接証券の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かんせつしょうけん【間接証券】

資金供給者と資金需要者の間に金融機関が介在して資金の調達を行うときに金融機関が発行する証券。 → 間接金融本源的証券

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の間接証券の言及

【銀行】より

… 銀行は金融機関ないし金融仲介機関の一種として,経済の究極的な貸手から借手へ資金が移転する過程で資金の仲介という機能を果たす。すなわち,間接証券(金融機関みずからに対する請求権。第二次証券ともいう)を発行して,支出以上に所得のある黒字主体(貸手)から資金を吸収し,所得以上に支出を行う赤字主体(借手)の発行する債務証書である本源的証券(直接証券,第一次証券ともいう)を取得し,赤字主体の資金調達に向ける。…

※「間接証券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone