コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間欠式風胴 かんけつしきふうどう

世界大百科事典内の間欠式風胴の言及

【風胴】より

…低速風胴や高速亜音速風胴では送風機を連続的に運転して気流をつくるが,超音速以上の風胴では貯気槽に充てんした高圧空気を放出して気流をつくるものが多い。前者を連続式風胴,後者を間欠式風胴という。連続式風胴は,気流が閉じた回路を循環する回流式と気流が循環しない吹抜け式に分けられる。…

※「間欠式風胴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android