関節突起(読み)かんせつとっき

世界大百科事典内の関節突起の言及

【下顎骨】より

…体の上面には歯槽という穴が歯の数だけあって,ここに歯が植えこまれている。枝の上端は関節突起と筋突起とに分かれ,前者は顎関節の関節頭をなし,後者はそしゃく筋の一つである側頭筋が着いている。枝の内側面には下顎孔があり,ここからもとメッケル軟骨のあったところである弓形の下顎管が骨の内部を前下方に向かって走り,体の外側面の頤(おとがい)孔に出る。…

※「関節突起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android